腸内環境改善応援隊

乳酸菌を多く含む主な食品

私たちが生きていく為には、もちろん食事が必要です。ただその食品の中にも、乳酸菌が多く含まれている物と、そうでない物があります。腸内環境を整えることを検討しているならば、やはり前者の食品を摂取する方が良いでしょう。

 

乳酸菌を多く含む乳製品

 

081376.png

では具体的にはどのような食品に乳酸菌が多く含まれているかと言うと、代表例は乳製品です。一番代表的なものは、やはりヨーグルトでしょう。ただし、実は量も決められているようですね。あまり多くの量をヨーグルトの中に含めてはならないと、法律で決まっているそうです

 

それと、実はチーズにも多くの乳酸菌が含まれているそうです。ただしチーズにも色々な種類がありますね。乳酸菌はちょっと熱に弱い一面がありますので、ナチュラルチーズの方が腸内に対してポジティブな効果が見込めると言われています

 

漬物にも多い乳酸菌

 

それと、実は漬物にも多くの乳酸菌が含まれています。例えばぬか漬けなどですね。

 

ぬか漬けによる乳酸菌のメリットですが、腸に届きやすいと言われています。動物性の乳酸菌の場合は胃酸によって死滅させられてしまう事が多いのですが、漬物は植物です。ですので腸まで届くことが多いと言われています。

 

081374.png

また腸の内部に生息している悪玉菌が住みづらい環境を作ってくれますので、実はぬか漬けなどはオススメですね。

 

それとあまり知られていませんが、お隣の韓国の漬物も乳酸菌を多く含んでいるのだそうです。実は上記のヨーグルトと同じ程度の乳酸菌が含まれているようですね。しかもキムチはとても美味しいので、続きやすいかと思います。

 

このように私たちの身の回りにある食品の中では、ヨーグルトなどの乳製品や漬物などに多くの乳酸菌が含まれている訳ですね。

お腹の環境を良くする方法というと、ヨーグルトなどをイメージなさる方が多いかと思います。実際それは、確かにその通りです。あの中には多くの乳酸菌が入っていますので、確かに腸内環境は改善される傾向がありますね

 

しかし実はヨーグルト以外でも、それを改善する方法があるのです。その1つが水素ですね。

 

水素水でお腹の環境が変わってくる

 

 

115793.png

水素と申し上げても、気体ではありません。液体なのですね。最近色々なドラッグストアにて、水素水という製品を見かけるようになりました。それに興味を持っている方々も、世間では多いかと思いますね。

 

水素水にどのような効能があるかと申しますと、浄化なのです。つまり不純物を洗い流してくれるのですが、それでお腹の環境が良くなると見込まれるのですね。

 

お腹の中には、色々と悪い物質が蓄積されてしまう傾向があります。もちろんそれが蓄積されたままでは、やはりお腹の環境は悪くなってしまうでしょう。ところがその水には浄化効果がありますので、お腹の環境も良くなってくれる訳ですね。

 

現に以前にその水を飲んだ結果、だいぶお腹の環境が良くなったとおっしゃっている方がいらっしゃいました。かなり効果が大きかったので、ちょっと驚いていたのですが。

 

ヨーグルトより手軽に摂取できる水素水

 

115786.png

ちなみに水素水のメリットですが、飲みやすい点ではないでしょうか。ヨーグルトを毎日摂取するのが、少々大変な一面があります。そこそこボリュームがありますので、ヨーグルトを食べるだけでお腹が一杯になってしまうでしょう。

 

参考サイト
植物性乳酸菌、はじめましょう

 

しかし水素水の場合は、そのような事もありません。比較的手軽に摂取できますので、ヨーグルトよりは楽だと思いますね。ですのでお腹の環境を良くしたいと思っているならば、水素水などはオススメです。

続きを読む≫ 2015/04/05 11:35:05

昔の方々は、少々ストイックな一面があったようです。その1つは、断食ですね。
修行僧の方々などは、断食を行っていた事も多かったようです。やはり修行の一環で、食事を摂取しないよう心がけていたのでしょう。そしてそのような方々は、腸内環境は良かったのかなと推理します。

 

断食は腸内環境に良いという意見も

 

そもそもお腹に対しては、食べすぎはあまり良くありません。現に私も内科医に通っていたのですが、その時にあまり食べ過ぎない方が良いと忠告された事があります。食べ過ぎてしまうと、腸内環境には良くないからです。

 

ところで断食というのは、その食事を制限する事になります。現に一部の医師の方々は、断食は案外とお腹に良いと主張しています。食べ過ぎてしまうよりも、むしろあまり食べない方が良いと考えている医師の方々は意外と多いですね。

 

断食によりお腹が健やかだった修行僧の人々

 

そして昔の修行僧の方々は、修行の一環として断食を行っていた訳です。ですのでその職業の方々は、食事制限によってお腹の中はとても健全な状態になっていたのかなとも思います。

 

考えてみると、その職業の方々は何となく元気な人々が多いですね。私は以前にある理由であるお寺に行ったのですが、そこの僧侶の方はとても元気だったと思います。何となく声が活力的だったので、とても印象的でしたね。

 

ただ昔の僧侶の方々は、現代とはちょっと状況も違っていました。現代と違って健康に関する情報が不足していますので、無理な断食も多かったかなとも察します。それで腸内環境が悪くなってしまった事例も、意外と多かったのかなとも思います。

 

出典:腸内環境の改善と乳酸菌。健康予防はじめよう

 

ですので断食を行った「全て」の僧侶の方々の腸内環境が良かったとは思いませんが、概してお腹が健やかな人々は多かったのかなとも推理します。

続きを読む≫ 2015/03/25 15:30:25

生まれてすぐの赤ちゃんは、実は乳酸菌の量が非常に多いと言われています。生後数日ほど経過すると、体内での乳酸菌の量が著しく増加するのだそうです。それでだんだんと赤ちゃんは元気になっていくと言われています。しかもそれは母乳と大きな関係があるようですね。

 

生後3日目あたりから乳酸菌が増加

 

赤ん坊の体内では、生まれて1日目や2日目の段階ではその菌類はそれほど多くありません。むしろ腸内には、大腸菌の方が多く含まれていると言われています。
ところが3日目を経過すると、だんだんと赤ちゃんの体内での乳酸菌の割合が増えていくと言われています。それで赤ちゃんは、外部からの細菌類にも対抗できるようになるのだそうです。
赤ちゃんに体内に乳酸菌が無いと、少々大変ですね。細菌類が赤ちゃんを攻撃してしまいますので、ちょっと成長が阻害されてしまうでしょう。しかし乳酸菌が増える事によって、すくすくと育ってくれるのだそうです。
赤ちゃんが生まれて間も無い時期は、ちょっと弱々しい感じがしますね。しかしある程度日数が経過すると、だんだんと元気になってくるでしょう。あれも乳酸菌のおかげだそうです。

 

乳酸菌を多く含んでいる母乳

 

ではなぜ3日目ほどから乳酸菌が増加するかというと、それが前述の母乳なのですね。実は母乳の中には、非常に多くの乳酸菌が含まれています。赤ちゃんがそれを飲みますので、だんだんと体内で乳酸菌が増えていく訳ですね。
ちなみに赤ちゃんを育てるために、粉ミルクを用いるという選択肢も一応あります。しかしそれには1つデメリットがあって、乳酸菌の量がやや少ないのだそうです。一説には、母乳に含まれている乳酸菌のせいぜい10%程度と言われています。ですので赤ちゃんをすくすくと育てるためには、やはり母乳を与えてあげる方が良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/03/12 02:34:12

乳酸菌の特徴は、その効果が出てくるまでにある程度の日数を要する点です。いわゆる医薬品とは少々異なります。
医薬品の場合は、とても速やかに効果が出てきますね。薬の中には、飲んだその日の内に効果を発揮してくれるものもあります。もっとも薬の場合は副作用などがありますので、必ず意思の指示に従う必要があるのですが。

 

効果発揮までに多少の時間が

 

ところが乳酸菌の場合は、さすがにその日の内に効果を発揮するのは困難です。その日の内と言うよりも、少なくとも1ヶ月ほどは見た方が良いでしょう
現にそれは、乳酸菌のサプリメントなどは口コミを見ても明らかです。多少の個人差はありますが、ポジティブな兆候が見られるまでには大体1ヶ月から数ヶ月ほどかかっているようですね。ですので即効性を期待するというよりも、むしろ長い目で見てそれを摂取する方が良いと思います。

 

インフルエンザが流行する少し前に乳酸菌を利用する

 

ところで乳酸菌の摂取を試みている方々の中には、病気の予防などを検討している場合があります。例えばインフルエンザですね。冬の時期になればインフルエンザは流行しがちですが、それを防止するために乳酸菌を摂取しようと考えている方もいらっしゃる訳です。
そのように考えているならば、インフルエンザが流行した時では少々遅いですね。前述のように乳酸菌は、多少の時間を要するからです。インフルエンザが流行した段階でそれを摂取しても、感染してしまうリスクの方が高まってしまいます。それよりもむしろ、インフルエンザが流行すると思われる1ヶ月ほど前から乳酸菌を摂取するよう心がける方が良いでしょう。
乳酸菌というのは、確かに腸内環境に対するポジティブな効果は見込めます。しかし長期的視野を持っておくべきなのですね。

続きを読む≫ 2015/03/12 02:33:12

私の親戚の1人は、最近乳酸菌をよく摂取するようになりました。以前の親戚は、それほどその菌類に対して興味を持っていた訳ではありません。しかし最近色々と成人病が気になってきたので、積極的に摂取する方が良いと思うようになったそうです。

 

親戚が心配している癌

 

親戚が一番気にしているのは、癌だそうです。ご存知のように、癌は非常に厄介な病気です。その病気があちらこちらに転移してしまっていると、すでに手遅れという話はとても有名ですね。ですので早期発見がとても大事なのですが、早期治療を行うにしても多くの料金がかかってしまいます。
そして親戚としては、その料金がとても気になっているのだそうです。そのような費用を支払うくらいであれば、むしろ癌になるのを予防するに越した事が無いと考えているようですね。実際私も、その通りだと思います。

 

癌予防の為に乳酸菌に着目した

 

そこで親戚は、最近インターネットで癌を予防するための色々な情報を調べたそうです。その結果、乳酸菌を摂取するのが一番良いと考えたようですね。
乳酸菌のメリットですが、副作用がありません。乳酸菌は身体に対してネガティブな効果はありませんので、一部の薬のリスクが無い訳ですね。
また乳酸菌を用いて腸内環境を整えておけば、癌細胞が発生しづらい環境になるとの話を知ったそうです。その話に興味を持って、最近親戚は乳酸菌の製品をよく用いるようになりました。
最近は、ちょっとサプリメントを購入しようかなと考えているようですね。毎日ヨーグルトなどを摂取するのはちょっと大変なので、比較的続きやすいサプリメントの方が効率的なのではないかと考えているそうです。
私の予感ですが、恐らく乳酸菌は親戚に対してポジティブな効果を発揮してくれていると思います。それで癌になる事も予防できるのではないかと、個人的には思っています。

続きを読む≫ 2015/03/12 02:32:12

現在の日本人には、脅威と思われている病気がいくつかあります。成人病などは、その代表的ですね。
中でも一番気をつけなければならないのは、癌です。ご存知の通りそれは難病なのですが、早期発見をすれば治る事も多いですね。しかしその際には多くの治療費がかかってしまうので、やはり癌にならないのが一番です。

 

癌の原因の悪玉菌とそれに対する乳酸菌

 

ではどうすれば癌になる事を防ぐ事ができるかと言うと、その方法の1つが乳酸菌なのです。そもそもなぜ癌になってしまうかというと、腸内に生息している悪玉菌ですね。あの菌が色々とネガティブな事を行ってしまい、だんだんと腸の環境が悪化してしまいます。それで癌細胞が誕生してしまえば、前述のように大変な事になってしまいます。
ですので癌を防止するためには腸内に生息している悪玉菌を何とかする必要があるのですが、乳酸菌はそれを除去してくれる効果が見込めます。

 

乳酸菌が悪玉菌を減らして癌が予防できる

 

乳酸菌が何を行ってくれるかと言うと、悪玉菌が住みづらい環境を作ってくれる点です。乳酸菌は酸性なのですが、悪玉菌はそれが苦手なのです。もしも腸内の環境が酸性よりになっていますと、だんだんと悪玉菌は逃げてくれます。
悪玉菌が減ってくれれば、腸内では癌ができづらくなる訳ですね。ですので普段から積極的に乳酸菌を摂取すれば、癌の予防にもなるでしょう
ただここで1つ気をつけるべきなのが、胃液の存在です。胃の中には多くの酸が含まれていますので、腸に届くまでにそれで死滅させられてしまう事が多々あります。しかし植物性の乳酸菌の場合は、胃酸に対する抵抗力がとても強いと言われています。ですので将来的に癌にならないよう乳酸菌の摂取を考えているならば、やはり植物性が良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/03/12 02:31:12